「ミルキングアクション」について

全身の血液は、心臓のポンプ作用(血圧)によって循環していますが、立った状態では、下半身の血液は重力に逆らいながら心臓へ戻されることになります。心臓だけでは、かなりの負担となるため、下半身の筋肉が血管の周りで収縮・弛緩を繰り返すことにより血液が心臓へ徐々に送られます。この筋肉の働きが牛のミルク絞りと似ていることから「ミルキングアクション」と呼ばれています。
 
ランニングなどで、運動強度が高くなると心拍数が上昇して血流が多くなりますが、この時、筋肉も「ミルキングアクション」により血液の循環を助けています。
 
そのため、急に運動を中止すると「ミルキングアクション」が作用せず心臓にかかる負担が大きくなって、めまいや吐き気の原因になります。また、筋肉内に血液が溜まることにより、疲労物質が蓄積し回復を遅らせることにもなります。
 
強度の高い運動のあとは、急に運動を中止することなく、徐々に運動強度を下げながら安静状態に戻すこと(クール・ダウン)が大切です。